• 小
  • 中
  • 大
困ったときの連絡先

JAあいづについて

JAあいづの概要・施設についてご案内します。

営農情報

夏休みこどもタウン2015

 8月7日、「JAあいづ夏休みこどもタウン2015」が開催されました。福島県農林水産PR事業の一環で、小学生を対象とした会津産野菜の消費宣伝と体験学習の旅です。まずは、京橋大根河岸で会津産野菜のPR。子供たちが炎天下の下会津産のきゅうりとトマトを一生懸命袋詰めして準備完了。配布開始の1時間以上前から長蛇の列ができ、30分ほどで約400名の来場者に会津産野菜を無料配布しました。30度を超える猛暑の中でしたが、配り終えると子供たちは達成感からか笑顔がみられました。
 続いて築地の東京シティ青果で体験学習です。東京シティ青果の担当者から説明を受け、場内を案内して頂きました。東京都の市場は来年には築地から豊洲へと移転します。歴史ある築地市場を見られる貴重な体験となり、子供たちにとって夏休みのいい思い出となりました。

園芸販売促進フェア

 7月11日いわき市のヨークベニマル3店舗において園芸販売促進フェアを開催しました。この日はヨークベニマル各店で会津フェアが行われており、会津産の野菜や加工品がたくさん並んでいました。JAあいづでは今が旬のミネラルトマトを中心に、ほうれん草、きゅうり、アスパラ、ピーマンなどをPR。冷たく冷やして試食を出していたトマトはおいしいと大好評。中には会津野菜のファンでまんま~じゃにもよく行くんですという方もいらっしゃいました。今後は県外でのPRにも取り組んでいく予定です。

>> 過去のニュース一覧はこちら
「出荷農産物のご案内」はこちら

「オリジナル商品」はこちら

農産物トレーサビリティ支援システム

 JAあいづでは、すべての農畜産物の生産情報記帳運動を展開し、消費者等からの生産情報の問い合わせにお答えする体制を整備しています。平成16年度トレーサビリティシステム導入促進対策事業を活用しOCRスキャナーの導入を図り、栽培日誌の情報管理化に取組んでいます。平成25年度は、JAあいづ米、野菜主要6品目、果物主要4品目を情報管理しています。